続編・東海北陸ぐるりんこ

社会的距離を維持しつつ、東海北陸を彷徨うおじさん。

金山総合駅のエキナカで江戸前の蕎麦をいただく。

イメージ 1
金曜日、中区錦3の会社を昼前に出発し、三河地方へ鉄道で日帰り出張です。
 
その途中、金山駅で昼メシをいただくことにしました。
前回は、嘉文さんで刺身食べ放題定食でした。
実に素晴らしかったです。
 
今回は、どうしようかな?って、思案しながら、名鉄の駅上「μ PLAT 金山」内をトボトボ・・・。
 
目についたのは、「おらが蕎麦」さんから交替した「ソバキチ」さん。
東京の大手町の新丸ビルに入っているお店だそうです。
そして、ランチメニューに「味噌カツ丼カレー丼やシラス丼とかとソバ(温・冷あり。)」とあります。
麺を欲していた私め、「本日のストライクゾーン!」ってことで、早速、入ることに。
 
店内は、ニューオープンのおかげか、スタイリッシュで、綺麗・・・。
当然か。
お店もこの点、力を入れたそうです。
 
また、お店のコンセプトは「蕎麦屋で一杯」だそうです。
じゃあ、今度は夕方で、かつ、自宅へ直帰の日の帰り道にお試しかな。
 
注文したのは「味噌カツ丼ともりそばのセット(税抜950円)」
 
では感想。
蕎麦は、「二八」だそうですが、実を綺麗に挽いている「洗練された都会の蕎麦」って感じ。
私め、正直な所、蕎麦の実や風味が感じられる田舎の蕎麦が好きかな。
 
つゆは、江戸前や木曽の方面の蕎麦屋にみられる醤油や味醂がやや強い感じ。
私め、節の旨味が前面に出た方が好きかな。
 
味噌カツは、まあ、平均点ですが、味噌が八丁というよりは、いくつかの味噌をブレンドした感じ(自信がありませんが・・・(笑))。
でも、工夫された感じで、イイとは思います。
イメージ 2
 
辛口の評価しちゃいましたが、首都圏や信州・甲州方面では、ウケル味かな~って思いました。
 
そば湯もきっちり出せることから、次回は、夕方にお試しをしてみたいと思います。