続編・東海北陸ぐるりんこ

社会的距離を維持しつつ、東海北陸を彷徨うおじさん。

金沢駅前のこだわりの串揚げ屋さんで、ひとり呑み

イメージ 1

16日水曜日の夜。
福井県若狭から、石川県金沢に移動。
その後、金沢駅前のホテルにチェックインし、旅装を解いて、いざディナー。

福井駅ですでに駅そばをいただいていたので、軽く呑む線で。
今回、お伺いしたのは、六枚の信号のすぐそばにある『串揚げ いやさか』さん。
http://www.kushiage-iyasaka.com

ここ、前からちょいと気になるお店、いよいよ突入できました。

まずは、ハイボールと、付け出しのキャベツと、どて焼(どて煮)で、スタート。

どて焼、味付けが自分好み。
モツが柔らかくて美味しい。

付け出しのキャベツをいただくため、2度漬け厳禁のソースに漬けてパクリ。

ここ、ソースが美味い。
お店のホームページでは、こだわりのマル秘ブレンドだそうで。
素晴らしい。

イメージ 2

やって来ました!串カツ。
こだわりのソースに漬けてパクリ。
この串カツ、サクッと揚がっていて、肉も、衣も、でらうま。

この串カツすきだなぁ。

イメージ 3

赤ウインナー、レンコンとかもいただきましたが、これもイイねー。

もう少し、腹を空かして来れば良かったなー。