続編・東海北陸ぐるりんこ

社会的距離を維持しつつ、東海北陸を彷徨うおじさん。

家族と『ナガシマスパーランド』へ ①

イメージ 1
3日金曜日。憲法記念日
10連休の前半は、ほぼインドアで過ごしていましたが、いよいよ家族でお出かけです。


実はここだけ、家族を連れて行ったことがないんです。
理由は混雑と過去のトラウマ。

ここ、名古屋圏では大人気かつ大混雑スポット。
まあ、それは、当然のこと。

田舎者で、人混みや並ぶのが大の苦手な自分。
10代の時が一番きつかったかな。

30数年前。
高校1年生の夏、具体的には書きませんが、田舎の友人の誘いに乗って、嫌々行って、灼熱のナガシマで、何も楽しめなかったんですよね。

今回、それ以来です。

かみさんや娘たちのオーダーがなければ、一生行かない場所のひとつです(笑)
イメージ 2
今回は、混雑対策として朝早く我が家を出発。
朝ご飯も、途中のコンビニでさっと買って食べながら向かう対策をば。

でも、皆さん考えること同じですねー。

開場前に入り口に並んで、開場と同時に絶叫系に走ったかみさんと、長女。
着いた段階で、上の写真の『ハイブリッドコースター白鯨』の待ち時間200分ぐらいだったそうです。

恐るべし。
イメージ 3
でも、上の写真の『4Dスピンコースター嵐』とかは、乗れたようです。

良かったです。
イメージ 4
ちなみに自分と絶叫系について年齢と身長が足りない次女は、のんびりと観覧車や、子ども向けのゆるーい乗り物が中心。

午前のうちは、そこそこ空いていて、ストレスは少なかったです。
イメージ 5
観覧車から観る三重県桑名市四日市市方面や、愛知県弥富市や遠く名古屋駅方面の景色が最高でしたねー。
霞がなければ、我が家の住む名古屋の北東方向も見えていたかな。

2回乗りましたが、冷房も効いて最高です。

観覧車に乗って気づいたことですが、娘たちがもう少し大きければ、3人が遊んでいるときに、ひとりのんびり、長島温泉・湯あみの島で、ひとっ風呂もよかったなあ。