続編・東海北陸ぐるりんこ

社会的距離を維持しつつ、東海北陸を彷徨うおじさん。

名古屋・錦三で江戸前?"美味"一本穴子天丼

f:id:hisa69740:20200708155557j:image

名古屋錦三を中心に店舗数拡大をしている居酒屋グループ『奥志摩』さんのお話。

株式会社 奥志摩グループ <奥志摩 海女の酌 磯笛 別邸奥志摩 米吉 さくらとミモザ 串かつかすうどん田中>(←ホームページ)

 

とあるランチタイム。

会社周辺、錦三をぶらぶらしていると、気になるポップ発見。

『"一本穴子"江戸前天丼』

天ぷら好きオヤジ、気になって仕方がない。

好きな居酒屋、奥志摩さん系なので、入ってみました。

r.gnavi.co.jp

 

オーダーは、もちろん江戸前天丼。

 

カウンターに通していただいたおかげで、キッチン風景を鑑賞しつつ、暫し待ちます。

香ばしい油の香りが食欲を刺激します。

 

f:id:hisa69740:20200708160506j:image

着丼、いただきます🙏

このボリュームで、950円とは、素晴らしい。

 

話それますが、気付いたことが。

天ぷらの中に半熟卵がありますね〜。

あれ?半熟卵の天ぷらって、香川県だったような。

漬物は、高菜漬。

これ、九州だよねー。

・・・失礼しました。

美味いから、いいけど。 

特に穴子のホクホク感と、海老のぷりっぷり具合がお気に入り。

半熟卵は、最期につぶして、醤油を軽くひとふりしてかきこみました。

 

いやいや、でらうまです。

また来よ。

名古屋・錦三で、"豚旨(とんこく)"ラーメンと餃子

f:id:hisa69740:20200706072058j:image

『うま屋』錦店さんのお話。

r.gnavi.co.jp

豚旨(とんこく)うま屋ラーメン|オフィシャルホームページ(←お店のホームページ)

 

f:id:hisa69740:20200706072050j:image

うま屋さんのラーメンは、醤油豚骨ベースですが、見た目よりアッサリなので、九条葱やニラ辛子などで、味を整えていただくのがパターン。

 

f:id:hisa69740:20200706072058j:image

今回は、ランチタイムの餃子セットにしました。

セットものなら、チャーハンが有名なんですが、餃子も逸品ゆえのオーダー。

 

f:id:hisa69740:20200706072807j:image

肉が多めの配合の餡と、パリッとした皮がイイ感じで、ゴハンのベストパートナー。

 

美味しゅうござんした👍

ファン多し!漁師町の大衆食堂の美味い中華そば🍜(三重県南伊勢町)

f:id:hisa69740:20200704185259j:image

三重県南伊勢町五ヶ所浦にある

『玉山食堂』さんのお話。

r.gnavi.co.jp

実は、三重県に仕事で通い始めて20数年経ちますが、ここのお店、数日前まで全然知らなかったんです😅

 

先日、三重県の営業担当者と志摩市鵜方に向かう途中、ランチは、カツオか、シビ(マグロ)の刺身が食べたくて南伊勢町でのお決まりのお店に向かったところ、何と休業日!

 

慌てて、五ヶ所浦の周辺を彷徨ったところ、三重交通のバスセンターから海に向かったところにある『玉山食堂』さんを発見した次第(こちらのブロック未踏のエリアでした。)。

 

さて、玉山食堂さん、入店に当たっては、コロナ対策で徹底した衛生管理をされていました。

こんな長閑な場所なのに凄いなぁ。

思い出したのが、違う日に南伊勢町の役場の方が南伊勢町は、他府県からの釣り人が多いので町全体で警戒色が強いんですよ。」と言っていたなぁ。

そんな中でも、お店には続々とお客さんが。

後で知ったんですが、昭和風情が残っているゆえか映画の撮影に使われたり、美味さゆえか有名人の方が割とご来店される有名店だと。

 

f:id:hisa69740:20200704221754j:image

オーダーは、中華そばとライスのセットにしました。

 

暫し待ち、着丼、いただきます🙏

見た目、素朴な中華そば風ですが、具材にお麩が入っているのが面白いっす。

 

まずは、スープをズルリ。

「おお、見た目以上に旨味たっぷり!」

醤油は、多分、伊勢うどんとかに使われるのと同じ伊勢の醤油かな。

ちょいと、コクというか、甘味を感じるんですが、これが麺にイイ感じに馴染むんです。

 

麺は、中太のストレート麺。

食べ応えと喉越しが良い、美味しい中華そば。

具材もスープや麺との相性がよく美味い。

チャーシューの脂の具合が絶妙。

 

あっという間に完食しました。

大盛りにすれば良かったな。

 

『台湾まぜそば』発祥の店で、"辛くない台湾まぜそば"

f:id:hisa69740:20200703065018j:image

台湾まぜそば はなび錦店さんのお話

https://www.menya-hanabi.com/(←麺屋はなびさんのホームページ)

 

雨がザクザク降る、とあるランチタイム。

人通りが少ない・・・。

その恩恵で、行列店である『はなび』さんに久しぶりに入店できました。

 

少し並ぶ間、メニュー拝見。

「ん?キミスタ?辛くない台湾まぜそば?」

キミスタ

お試しで、チケット購入。

ニンニク少し入りでオーダー。

 

f:id:hisa69740:20200703075008j:image

いただきます🙏

まぜまぜし、ひとくち。

 

台湾ミンチの代わりに入る炙りチャーシュー、塩辛くなく、イイですねー。

ニラの代わりの水菜が涼感を醸し出す。

計算された味ですねー。

さすが発祥の店!

 

ひとつ注文を付けるなら、もう少しコスパが良ければいいんですが。

伊勢志摩日帰り紀行(その3)・赤福餅を赤福本店にて。

f:id:hisa69740:20200701160636j:image

6月26日金曜日。有給を取って、長女と伊勢志摩に行って来ました。

伊勢神宮、内宮前にあるおはらい町に行くと、毎度外せない場所。

それは、

『伊勢名物 赤福本店』さん。

r.gnavi.co.jp

伊勢名物 赤福(←赤福さんのホームページ)

 

手こね茶屋さんでの昼食直後ですが、こしあんに目のない親子、当然、一服。

いわゆる『別腹』ってやつ(笑)

 

f:id:hisa69740:20200701161200j:image

皆さん、ご存知の味なので、講釈省略。

五十鈴川の畔でいただく赤福は、格別でした。

 

満足のなか、家に残るかみさんと次女に12個入りをお土産にし、帰途に着きました。

 

伊勢志摩日帰り紀行(その2)・手こね寿司と伊勢うどん

f:id:hisa69740:20200630123142j:image

26日金曜日。有給を取って、長女と伊勢志摩に行って来ました。

鳥羽水族館の後は、伊勢神宮、内宮の門前町

『おはらい町』で、ランチです。

 

この日の昼過ぎ、あまりにも暑かったので、吸い込まれるように

『手こね茶屋 内宮店』さんへ。

r.gnavi.co.jp

手こねずし・伊勢うどん 手こね茶屋(←お店のホームページ)

 

娘は、お肉系を所望でしたので、松阪牛の肉入りの伊勢うどん

自分は、上のpicの『(伊勢志摩の)名物合わせ』をば。

 

f:id:hisa69740:20200630222049j:image

いただきます🙏

 

まずは、志摩市の郷土料理、

手こね寿司

今は、カツオが旬の時期。

これ、脂が乗って、イイですなぁ。

 

f:id:hisa69740:20200630222219j:image

お次に、伊勢市の郷土料理、

伊勢うどん

お出汁の溜まりが程よいですねー。

相変わらずのコシの無さが面白い。

 

まさに名物合わせ。

これ以外に、あおさも伊勢志摩名物。

あおさのお吸い物も、良かったですね。

 

さて、次は、"伊勢の名物〜🎶"に行きますか。

伊勢志摩日帰り紀行(その1)・鳥羽水族館

f:id:hisa69740:20200628161059j:image

26日金曜日。有給を取って、長女と伊勢志摩に行って来ました。

まずは、娘からオーダーの

鳥羽水族館へ。

鳥羽水族館公式ホームページ(←ホームページ)

入館に当たっては、新型コロナ係る厳重なチェックがありますので、ご注意を。

 

f:id:hisa69740:20200628161525j:image

f:id:hisa69740:20200628161537j:image

鳥羽水族館といえば、ジュゴンやラッコ🦦が有名ですよねー。

ラッコは、餌やりタイムにぶつかって、picはありませんが、とても、可愛いかったです。

 

f:id:hisa69740:20200628162103j:image

f:id:hisa69740:20200628162118j:image

この日の鳥羽は、デラ暑。

水槽の周りが一番過ごしやすかったです💦

 

f:id:hisa69740:20200628162531j:image

面白かったのは、展示点数の数も当然ですが、伊勢エビとウツボ、そして、海釣りにおいて釣りたいお魚の数の多さ。

めっちゃいました。

ああ、伊勢エビ食べたい!釣りに行きたい🎣

 

f:id:hisa69740:20200628163058j:image

ショーは、アシカのみ。

セイウチは中止でしたが、水槽を除くと飼育員さんと練習していましたので、それで十分。

 

次は、おかげ横丁へ。