続編・東海北陸ぐるりんこ

社会的距離を維持しつつ、東海北陸を彷徨うおじさん。

美濃味匠さんの弁当を片手にプチ旅(三重県津市~福井県池田町)

イメージ 1

21日水曜日。
朝から三重県津市でお仕事です。
そのお仕事、昼前に完了し、次のお仕事は、夕方から夜にかけて福井県越前市と池田町。

移動は、公共交通機関

久しぶりに乗り鉄の血が騒ぎます(笑)
変わり種ルートをば(^^)

まずは、津から紀勢線に乗り、亀山へ。
ここで乗り継ぎの時間に津駅ビルの2階にある『美濃味匠』さんで購入した『花伊吹』弁当をパクリ🍱

美濃味匠さんは、大垣の会社なんですが、名古屋駅とかでも売っていて、コメが美味い弁当を出すので、お気に入りのお店のひとつです。

また、弁当の中身も全般的にバランス良く、特に、出汁巻玉子や煮物系の味付けが好きです。

イメージ 2

弁当を完食し、幸せ気分で関西線奈良方面加茂行きに。

イメージ 3

次に伊賀市にある柘植で草津線に乗り換え、滋賀県草津へ。

しかしまあ、JR西さんの一部の車両の塗装の趣味は、う~ん!って感じですなぁ(^_^;)
北陸エリアは、どす黒い赤だし。

イメージ 4

草津からは、琵琶湖線に乗り、米原へ。
で、米原からは、毎度お馴染み特急しらさぎ福井県越前市にある武生駅へ。

ここから現地の営業マンと合流し、会社のクルマで池田町へ。
こちらでは、夜に講演のお仕事。

イメージ 5

ケータリングで、お弁当が出ました(^^)
なんと、これで1500円だそうで。

ボリューム、お味は、値段以上。
実に美味しかったです。
特にお魚系が素晴らしい。

さすが、福井県です👍