続編・東海北陸ぐるりんこ

社会的距離を維持しつつ、東海北陸を彷徨うおじさん。

天下分け目の合戦の地の大衆食堂で、親子丼&かけうどん

岐阜県関ヶ原町、国道21号沿いにある

天下茶屋さんのお話。

r.gnavi.co.jp

今回、岐阜県西濃エリアの営業担当くんの案内で、初訪問をしました。

外観はいわゆる"トラッカー"さんの御用達。内部は昭和の大衆食堂。パイプ椅子がシブイ❗️

営業担当くんから「丼ものが良かとですよ」とのこと。なので、

親子丼かけうどんをオーダー。

 

まずは、かけうどんが着丼。

f:id:hisa69740:20201120080927j:image

いただきます🙏

見た目、懐かしいフォルム。ズルリ・・。おおっ、田舎のうどんだ❗️

伊勢うどん程ではありませんが、太めの、少しぶよっとしたうどん。子どもの頃、よく食べたなぁ。岐阜県東濃地方のT市で育った自分の懐かしの味。

お出汁も、東濃のお湯割りラーメン的、醤油の風味がやや強めなので、これも懐かしい味わい。

f:id:hisa69740:20201120081514j:image

追って親子丼が着丼。

血液が一気にサラサラになりそうなくらいの玉ねぎの量が面白い。おかげか、全体的に優しい味わいになっています。鶏肉も柔らかく、美味い。

値段から量が少ないかもイメージでオーダーしたんですが、甘く見ていました。

腹パンパン😅