続編・東海北陸ぐるりんこ

社会的距離を維持しつつ、東海北陸を彷徨うおじさん。

”がっつり”とり天丼に、”たっぷり”タルタルソース(愛知・長久手市)

イメージ 1
3日土曜日。
家族を連れて、イオンモール長久手に行きました。
要は、長期入院中のかみさんの息抜きのための外出です。

ショッピングを楽しみ、さて、お楽しみのランチです。
場所は、3階のフードコート。
ここ、なかなかのクオリティが高いお店多いっす。

席を確保し、
かみさんと長女は、豚屋とん一さんのカツ丼。
次女は、丸亀製麺のかけうどん。
をオーダーし、ランチを確保。

最後に自分。
キョロキョロ。
前回は、「金久右衛門」さんのラーメン。
今回は、麺を避けたい・・・。

魚がイイんですが、大好きな「牧原鮮魚店」さんは、確保した席から遠い・・・。

ということで、妥協になっちゃいましたが、席に近い「とりきち」さんへ。
というのも、以前から「とり天丼」なるメニューに興味深々のためもあります。

さて、レジにて店員さんにオーダーです。

”タルタル”が面白そうなので、
自分「タルタルとミニ蕎麦つきで。」
店員さん「麺も、丼も、大盛無料ですが・・・。」

あれ?「穂波・ほなみ」さんみたいだな。
後でネットで調べたら、穂波さんの系列でした。

また、メニューでは、”ミニ”蕎麦なんですが、その”大盛”ができるので、大盛!という、な~んか、しっくりこないオーダーをしました(笑)

レスポンスは、程々かな。
穂波さん系にしては、やや時間がかかっている感。
ベルで呼び出され、着丼です。

ところで、カウンターで現物を見て絶句。
蕎麦はイイとしても、とり天丼の量が凄い・・・。
唐揚げ定食を注文された方は、折をもって帰られていました。

これは、ギャル曽根さんか、体育会系の学生さん向けのお店だな(笑)

実食です。
このような場合、一般的に量と味は反比例します。
が、ところがどっこい、正比例していました。
からっと揚がって、なかなか美味い。
タルタルソースもイイですね。
だから、ちょっと時間がかかったんだ。

蕎麦も、穂波さんの他のお店より、グレードアップ感があります。

でも、おじさん、この半分でいいなぁ。