続編・東海北陸ぐるりんこ

社会的距離を維持しつつ、東海北陸を彷徨うおじさん。

和風だしと動物系の濃厚スープのつけ麺(中華そば中村屋)

イメージ 1

9月2日火曜日。
愛知県小牧市へ地下鉄名城線名鉄小牧線を使って日帰り出張です。

その途中、お昼をいただくため、栄、オアシス21の裏手にある「中華そば中村屋」さんに行きました。

私めのブログの記事を検索すると、約2年半ぶりです。

当時の記憶は、スープが酸味が強い印象ぐらいですが、何故か惹かれるモノがあり、久々の訪問。

一応、予備知識にとネットをサクッと検索してみました。

和風だしと動物系の濃厚スープに、特注の熟成された太麺云々と書いてあり、オーナーさんも、何とかラーメン塾出身の変わり種だそうで(^^)

おおむね、つけ麺に好意的なご意見が多かったので、つけ麺の1.5(840円)の食券を購入。

つけ麺って、時間のかかるイメージですが、意外な程に早く麺が出てまいりました(^^)

素晴らしい(^^)

まずひと目、ボリュームに圧倒されました(^_^;)

しかし、喉越し良い麺がツルッと入ります(^^)
熟成も感じられ、美味しい麺ですね(^^)

スープは、以前の記憶に残った酸味は、確かにありますが、気になるほどもなく、それ以外の材料が見え隠れし、飽きが来ない感じ(^^)

具も、チャーシューとメンマ、丁寧な仕事を感じます。

いいんじゃないでしょうか(^^)