続編・東海北陸ぐるりんこ

社会的距離を維持しつつ、東海北陸を彷徨うおじさん。

愛知県知多半島・半田で、喜多方ラーメンをいただく。

f:id:hisa69740:20210211201008j:image

愛知県知多半島のど真ん中、半田市にある

喜多方ラーメン高蔵 半田店さんのお話。

r.gnavi.co.jp

ちなみに半田市での前回のランチは1月末に田所商店さんの暖簾分け店、味噌屋麺四朗さんで九州麦味噌の味噌ラーメンをいただきました。

さつま揚げが特徴。九州麦味噌野菜らーめん。半田市にて - 続編・東海北陸ぐるりんこ←前回の記事

今回は、半田市のお隣、武豊町から福井県へ移動という強行軍の途中。なので、ランチは知多半島道路半田インターの近くにあり、さっと食べられるモノがいただけるのが条件。

武豊から半田インターの近く差し掛かり、キョロキョロ。で、駐車場にクルマが多数止まるお店を発見。それが喜多方ラーメン高蔵さんでした。ここ、随分昔から存在を知っていましたが何故か未訪。

よし!行ってみるか!入店です。

メニュー拝見。いろんな種類があるなー。

f:id:hisa69740:20210211202529j:image

喜多方ラーメンというと、これでしょう。醤油ラーメンに、ランチタイム限定のライスセットをオーダー。

店員さんのレスポンス、オペレーション、イイですねー。着丼早し。

f:id:hisa69740:20210211202945j:image

では、いただきます🙏

自分が知る喜多方ラーメンというと、坂内さんか、小法師さん。

見た目、坂内さんや小法師さんとはちょいと違うな。具材に青菜がのり、焼豚の形状が違う。麺も坂内さんや小法師さんより、やや太めかなぁ。

まずは、スープをズルリ。おや、岐阜県東濃地方で見られるお湯割りに似てるのかな。要は、ややあっさり。

次に麺。喜多方ラーメン特有の縮れながらも、つるっとした中太縮れ麺。大盛りでも軽くイケそうな喉越し。

ホントの喜多方ラーメンをいただいたことがありませんので、忠実に再現しているか知りませんが、これは美味いですね。

次回は、味噌系を試したいと思います。